技術・製造・品質管理

HOME > 技術・製造・品質管理 - 極厚亜鉛めっき技術

極厚亜鉛めっき技術

高次元の鉄線を生む
独自の極厚亜鉛めっき技術。

創業以来、亜鉛めっき鉄線を幅広い用途に供給し続けて来たサクラテックは、
わが国の極厚亜鉛めっき鉄線のパイオニアとして、
次々と高度な製品を生み出し、業界の発展に貢献してまいりました。
サクラテックの技術とは、すなわち極厚亜鉛めっきの技術であり、
極厚亜鉛めっき鉄線の実力が、すなわちサクラテックの実力なのです。

極厚亜鉛めっき3層構造イメージ

1. より経済的 寿命が長いから、張り替えが非常に少なく経済的

耐用年数が長いということは、すなわち張り替えの手間がかからず経済的ということ。サクラテックの極厚亜鉛めっき鉄線は、耐久性に優れていても価格が3~4倍のステンレス製品や、短期間で張り替えの必要な普通針金(JIS規格G3以下)と比較すると、10年間、20年間にかかる施工費・材料費が大きく違います。

2. より使いやすく 弾力性に富み、どんなに曲げてもめっきが剥がれません

通常の製法による厚めっき鉄線では、亜鉛めっきを厚くするにつれて、脆い鉄亜鉛合金層も厚くなり、激しい加工の際に剥がれやすくなります。サクラテックの極厚亜鉛めっき鉄線は、独自の製法により、めっきを厚くしても鉄亜鉛合金層が厚くなりません。大部分が柔軟な純亜鉛なので加工性が高く、自己線径巻付程度の厳しい加工にも耐え、めっきに亀裂を生じません。

3. より美しく 錆びない。破断しない。美しい光沢が長もちします

サクラテックの極厚亜鉛めっき鉄線は、めっき層の主体が純亜鉛層なので、外観は白色(タンニン酸防錆処理を施したものは黄色)、美しい金属光沢があり、錆びにくく破断しにくい性質を持っています。たとえ同じ厚さの亜鉛めっき鉄線でも、サクラテックの製品は光沢を見れば一目瞭然。しかも長期間その美しさを保持します。

技術・製造・品質管理

  • 極厚亜鉛めっき技術
  • 製造工程
  • 品質管理

製品に関する お問い合わせ

サクラテック株式会社|大阪府東大阪市川田3丁目10番7号 TEL. 072-984-1234(代) FAX. 072-988-1619

メールでのお問い合せ

MAP
製品一覧ダウンロード
※もしPDFが上手くダウンロードできない場合はこちらをご覧ください。