会社情報

HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

社章のいわれ
1939年11月
(昭和14年)
大阪府東大阪市において、サクラ特殊鋼伸延(株)を創設。
ステンレス線他特殊鋼線の生産を開始。
初代社長 大橋 義久
1948年4月
(昭和23年)
軟鋼線材製品(主として亜鉛めっき鉄線)の
生産に転換。
 
1961年8月
(昭和36年)
普通鉄線、なまし鉄線、
亜鉛めっき鉄線のJIS表示許可を受ける。
2代目社長 大橋 萩野
1971年10月
(昭和46年)
線材3次製品の製造開始。
(有刺鉄線、ルーピングワイヤー、その他)
1972年10月
(昭和47年)
日本で初めて極厚亜鉛めっき鉄線の
商品化に成功。
3代目社長 大橋 勉
1973年5月
(昭和48年)
果樹園用極厚亜鉛めっき鉄線「豊」の販売開始。
 
1974年3月
(昭和49年)
サクラ養殖用イケス(亜鉛付着量400g/m²以上)を開発。
1975年6月
(昭和50年)
牧場用極厚亜鉛めっき有刺鉄線「SSバラ線」の販売開始。
1977年2月
(昭和52年)
極厚亜鉛めっき鉄線の需要増加に伴い、岐阜県可児市に高速めっき工場
(オーストラリアAWI社のガスワイピング法技術を導入)を建設、
亜鉛付着量500g/m²の生産が可能となる。
1981年5月
(昭和56年)

岐阜工場亜鉛めっき方法及び
装置の国内特許成立。

岐阜工場

1986年4月
(昭和61年)
めっき鋼線の製造方法の国内特許成立。
1986年8月
(昭和61年)
光沢亜鉛めっき鉄線「ブリオン」の販売開始。
1991年10月
(平成3年)
サクラテック株式会社に社名変更。
1993年7月
(平成5年)
JIS改正、制定に伴い「JISG3532鉄線」及び「JISG3547亜鉛めっき鉄線」の
表示許可再取得。亜鉛アルミ合金めっき鉄線の販売開始。
1994年7月
(平成6年)
亜鉛アルミ合金めっき鉄線に「ガンバルZ」と命名。
2002年12月
(平成14年)
亜鉛アルミ合金粗面めっき鉄線「ガンバルZテクノサーフ」の販売開始。
2007年4月
(平成19年)
大阪工場を閉鎖し、岐阜工場に集約する。
2008年7月
(平成20年)
新JISマーク表示制度の認証を受ける。
2009年4月
(平成21年)
国土交通省新規準の粗面めっき鉄線を開発。
2009年11月
(平成21年)
創業70周年。
2010年3月
(平成22年)
亜鉛アルミ合金めっき鉄線「ニューガンバルZテクノサーフ」の販売開始。

会社情報

  • トップメッセージ・経営の信条
  • 会社概要
  • 沿 革

製品に関する お問い合わせ

サクラテック株式会社|大阪府東大阪市川田3丁目10番7号 TEL. 072-984-1234(代) FAX. 072-988-1619

メールでのお問い合せ

MAP
製品一覧ダウンロード

会社案内パンフレットダウンロード

※もしPDFが上手くダウンロードできない場合はこちらをご覧ください。